読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

準備が全て 

「結果が全て」ではあるが、結果を出すためには準備が必要だ

そして準備がしっかり出来ていればいるほど結果は出やすい。

 

結果を出すために準備が必要という事は、準備の段階で結果というのが見えているのではないだろうか?

 

結果を出している人の準備はどういうものなのだろう?

頭に浮かんだ人々の準備を書いてみる。

 

イチローに見る準備

イチローは現在メジャーリーガーで活躍する野球選手。。

走攻守に優れ、とりわけバッティング技術は群を抜いています。

イチローにとっての結果は試合で良い成績を残す事。良い野球をする事だと思う。

その結果を出すためにどんな準備をしてきたのか?

 

・小学3年生から1年のうち360日は、野球の練習に明け暮れる

・7年間、バッティングセンターに通い続ける

・中学時代は、朝7時から早朝練習をしていた

・高校時代、「自由時間」も素振りやランニングに費やした

 

中村俊輔に見る準備

中村俊輔も大好きな選手です。

日本代表で活躍し、海外のクラブを渡り歩いて今もなお進化しています。

中村俊輔にとっての結果もイチロー同様、チームを勝利に導き良いプレイをするという事。

 

・チームメイトが練習を終えてシャワーを浴びていても、フリーキックの練習を続けた。イメージ通りのキックが出来て成功のイメージを残せた時にその日の練習が終了する。

・高校生の頃からプロになって現在もサッカーノートを書き続けている。

 

スティーブ”・ジョブズに見る準備

ジョブズAppleのCEOでMaciPodiPhoneiPadなどを世に出し多くの人の生活を根本から変えた。

彼のカリスマ性は突出しており、プレゼンテーションなどで魅了されない者はいない。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンによると、魅力的なプレゼンは努力の賜物だという。

 

ジョブズは何週間も前に準備を始める。

・しゃべる予定の製品や技術について勉強する。

・ある製品のデモは5分間であったが、チームはその準備に数百時間を費やした。

ジョブズのリハーサルは丸2日。

・本番前日には、緻密に仕上げた構成に従って本番とまったく同じリハーサルを1回2回行う。

 

 人々を魅了したプレゼンは、用意周到な準備があってこその結果であった。

 

 まとめ

イチロー中村俊輔スティーブ・ジョブズと偏った人選ですが書いてみました。

彼らを見ると、「準備」というものの大切さがわかる。

何をするにしても準備以上の事が起こることはごくまれであり、準備の完成度・質が結果に直結する。

目標や自分の理想があるならば、その前に準備をしておかなくてはならない。

準備が不十分であれば失敗に終わることも多い。

準備なくして結果はない。

準備の段階で結果が分かってしまう。

準備が全てだとも言えるのではないだろうか。

 

察知力 (幻冬舎新書)

察知力 (幻冬舎新書)

 
スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

 

 ↓役に立てましたらクリックして頂ければ嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

広告を非表示にする