怒る人は防御しているだけかもしれない

最近思うことがある。

「怒る人は必ずしも相手に対して怒っているわけではないのかもしれない」

ということ。

 

怒るという事は攻撃でもあるが、もしかしたら相手は防御のためなのかもしれない。

どういうことかと言うと、怒るということはなにかしらに反応したということではあるのは確か。 しかし、その言動に対して自分で思う事があり心の平穏を保つために怒っているということもある。

何かを言いたくて怒るというよりも、言わなくてはならない状況にあるということ。 

「怒る」というのは色々な種類があるが、相手の状況や対応によって怒る理由も理解できる。

 

相手を理解すればそれに応じて良い対応が出来る。

怒る=攻撃ではなく防御の末の行動ということがあるというのも覚えておくと対応しやすい。

 

 ↓役に立てましたらクリックして頂ければ嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ   

広告を非表示にする