本田圭佑に見る「成長するために必要な事」

ども!

 

本田圭佑というサッカー選手はご存じでしょうか?

 

本田圭佑といえば、今やACミランに入団し初ゴールも決めて、日本代表ではいるのといないのでは勝敗も変わるほどの存在感と活躍ぶりで多くの人が知っている事かと思います。

 

僕も昔にサッカーをやっていたのと、同級生に日本代表がいること、今でもサッカーが大好きな事から、本田選手の活躍ぶりには本当に驚いています。

長友佑都インテル香川真司マンUにも驚きましたが、ACミランにもまさか日本人が所属するとは・・・という感じです。

 

 

今では大活躍の本田選手も多くの挫折を経験しています。

 

一つは初期のガンバ大阪のユースに上がれなかったこと。

この事は僕は知っていましたが、昨日読んだ記事で色々と思うことがあったのでこのブログを書いてみようと思いました。

 

昨日読んだ記事は「本田圭佑15歳の挫折―ガンバユースに上がれなかった理由(飯尾篤史)」です。

 

本田選手がジュニアユースに在籍していた頃に育成担当部長として統括するポジションにいた上野山さんが語っています。

 

面白いので後ほど読んでみてください。

 

 

今では大活躍の本田選手もガンバ大阪のユースには上がれなかった。

 

しかし、その後は星稜高校に進学。

名古屋グランパスに入団し、VVV、CSKAモスクワACミランと活躍の場を移していく。

 

ユースというのが詳しくは分かっていないが、ガンバユース→ガンバ大阪と進める事からプロへの最短距離ともいえると思う。

 

その道が閉ざされてしまった。

 

そこからどう進んだのか。

なぜそう進むことができたのか。

何が大切なのか。

 

先程の記事では 「目標を設定し、それに向けて努力する」ことが大切だと述べている。

 

当たり前の事のように思うが、意外と出来ていないことが多い。

もちろん自分も例外ではない。

当たり前のような事ほど難しい。

 

 

ここからは自分の体験も含めて書いていきます。

 

 

先の記事を読んだ時に他にも重要と感じたことがある。

 

それは「覚悟の強さ」。

 

思いの強さとも言い換えられる。

 

生きていると挫折や凹む事は多い。

何かに向かっていると障害も出てくるし邪魔をする人もいる。

 

その度に挫けそうになる。

諦めそうにもなる。

 

そこで「覚悟の強さ」が試される。

 

ここで立ち上がれるか、そのまま沈むかどうかが決まる。

 

沈む場合はその程度の強さだったんだと思う。

それまでの思い。

ただ、諦めたり違う道に行くことは悪い事や逃げとは個人的には思っていない。

考え・環境の変化は決して間違いでもないし致し方ない部分もあるはずだから。

この道においては違ったんだろう。

 

立ち上がって進むのは容易ではない。

全部が上手く進む人なんていないと思う。

上手く進んでいるように見える人ほど、そのための行動をしているから。

 

その行動をする原動力も覚悟・思いの強さだと思っている。

 

精神論になってしまうけど、やる気や気持ちがなければ何もできない。

 

自分のギター人生を見ても高校の先生やバイトの店長には「無理だ。やめろ。」「稼げるわけがない」と言われ、同級生にも「まだそんなことやってんの?恥ずかしくない?w」とか笑われたりもした。

自分のふがいなさで凹むことも多い。

 

現在の仕事にしても色々と言われることもある。

自分ではどうにでも出来ない部分(政治や為替)で対応できくなる事もある。

 

歩みを止めることはいつでもできる。

でも成し遂げたい事への思いのおかげで進めている。

当り前だけど、この思いがなければやってはいない。

この想いがなければ自分がやる必要もない。

 

 

記事を読みながら自分の経験、成功体験を思い返してみても、

 

覚悟の強さ、

目標を設定、

それに向けて努力

 

というのが成功のキワードだと感じた。

(最後に反省というのもあるかとは思うけど、ここまでくると当然なので省きました)

 

これは「効果的な本の読み方 」で実践している読書ノートを読み返しても度々出てくる。

自己啓発やビジネス書ばかりを読んでいるわけでもないし、それ以外を読んでもこのキーワードが出てくる。

 

 

これらのキーワードは成長するために必要な事とも言えそうです。

 

仮に現段階で何かが足らなくても、この方法次第でどうにでもなるものなのかもしれない。

 

<関連リンク>

本田圭佑15歳の挫折―ガンバユースに上がれなかった理由(飯尾篤史)

効果的な本の読み方

フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学  世界のHONDAになる日

フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日

 

 

広告を非表示にする